日記

Just another WordPress site

*

看護師を辞めたいと思った時|ナースの体験談

   

看護師の仕事をしていて、やめたいと思ったことは何度もありますが、一番頻繁に思ったのは、やっぱり看護師になって最初の2年間かな。あの頃は毎日のようにやめたいと思いました。新卒で仕事に慣れない上に、内科病棟でターミナルの患者さんも多かったので、呼吸器の管理や急変時の対応など戸惑うことも多く、かつミスを起こしたら患者さんの命に関わるというプレッシャーがあり、精神的にもきつかったです。
もっと患者さんのためにしたいという思いと、自分の力量の差にも悩みました。
あの当時のことで一番覚えているのは、彼氏の車で準夜に送ってもらっている時、自分では意識していなかったのですが、「○○さんが死んだのは私のせいじゃない。」って口からこぼれ、「お前が殺したと思われてるのか?」とすごく驚いた顔で聞かれたことです。
きっと、いつも「もっとちゃんとしなくては!」、「どんな小さなミスも許されない!」と自分を追い込み過ぎていたんだと思います。
今なら、新人看護師は何もできなくても仕方がない、数年かけていい看護師になればいいって思えるんですけどね。あの頃は、早く先輩と肩を並べたいと言うか、お荷物になりたくなくて必死だったんだと思います。
だから、私は今は、緊張で押し潰されそうになっている新人看護師が、私と同じように「やめたい。やめたい。」と思い苦しまないように、できるだけ気持ちをわかってあげながら接したいと思っています。

 

看護師になる前(看護学生)の頃から、「どうして看護師を目指したんだろう~」「もっと楽な仕事を選べばよかった」と、毎日のように思う日々が続いています(苦笑)

特に辞めたいと思う時は、人間関係の闇の部分を見た時…。仲よさそうに見えていたグループの人が、別の人に悪口を言っているところを見たり、嫌いな人に口先ばっかりで媚びまくっているところを見たり、本当はとてつもなく性格が悪い先輩が患者さんの前でだけ天使みたいな笑顔で笑っているのを見た時などですね。

看護師じゃなくても、女性が多い職場は何かとあるのが普通なのかも知れませんが、それでも普通にOLさんやってる高校時代の友人の話を聞いても、やはり看護師ほど酷いことはないと思います。

夜勤や残業のしんどさで心身ともに疲れきって、しかも男性の数が圧倒的に不足している職場だからでしょうか?もうちょっと男性の比率が多くなれば、詰所の雰囲気も一気にさわやかになる気がします。

今民間病院で仕事していますが、やはり既婚者が多い分、女性同士の争いは昔働いていた国立病院よりもずっと少ないですね。ある程度の年齢に達したら、家庭や子育てに気持ちを注ぐ人が増えるので、職場の人間関係なんてどうでもよくなるんですかね?!

 

 

nayami1220

私自身、看護師の仕事自体は好きです。だから純粋に看護師の仕事内容だけについて言えば、辞めたい程嫌なことなんてないと思います。でも看護師という職業柄、患者さんの看護だけをやっていればいいというものでもありませんよね?!他の方が言われているように、看護師同士の人間関係はもちろんのこと、医者との関わりも面倒だったりします。

私が看護師を辞めたいと思うのは、パワハラドクターに見下された時ですかね…。何を言われたとしても、患者さんのことを守ることが出来たらそれでよし!と腹をくくるしかないですが。

でももっと辛いのは患者さんやその家族から偏見の目で看護師の職業を見られた時。昔大学病院勤務だった時、いわゆるVIP病棟配属でした。入院患者さんの内訳は大学関係者やその家族(ほとんど医者)、社長クラス、国会議員、ライオンズクラブメンバー等で、自分たちがいかに「特権的な立場にいる人間であるか」ということを自慢したい人達ばかり。面と向かって「何で看護師なんてやってるの?」「自分にも娘がいるけど、人の嫌がることを引き受ける仕事になんて就いて欲しくない」と言われたことがあります。

お金があってもなくても、加齢や病気で体が動けなくなってしまったら、みんな同じ。一生のうちに一度も看護師の手を借りないまま死ねる人なんて、居ないハズなのに。こんな気持ちになって、辞めたくなったことがありました。

結婚してから派遣に切り替えましたが、それと同時にあまり看護師が嫌だと思わなくなったような気もします。家庭生活の方に集中がそれたからだと思います。これくらいの働き方が、私にとってはちょうどいいのかも。

 

 

受け持った患者さんが治療の甲斐あってやっと退院したのに、何が原因なのかその後で自殺してしまったと聞いた時。心の奥底にあるものを察知してあげられなかった事と、せっかく助かったのにって思いが交錯したとき、辞めたいと思いました。

 

 

「看護師なんて辞めたい」この言葉、看護師として病棟で働いている時に何百回、何万回、心の中で叫び続けていたことか…って感じです(笑)
私は正直に言うと、本当毎日のように看護師なんて辞めたい!って思っていました。
すっごく、ものすっごく忙しい病棟で、座れるのは朝カンファレンスと昼カンファレンスの時のみで、あとはずっと走りっぱなし。
なのに一人で受け持つ患者さんが多すぎて、しかも介護度も高い患者さんばかりで朝一のラウンド(バイタルチェック、観察、体位交換、オムツ交換、輸液管理、ハルーン破棄などを一通り)だけで午前中が終わる。
むしろ足りない。
それなのに、ケモ治療とか輸血とかまで入っていて、身体が一つじゃ明らかに足りない業務量でした。
毎日がくったくたで、記録は準夜勤さんがカルテを読み終わってから夕方六時過ぎからようやく書き始めることができて、帰るのは日勤で夜九時コースは当たり前。
なんでこんな辛いの、辞めたいって本当に毎日思っていましたよー。
今は結婚して看護師から離れて専業主婦をしているので、あの頃は大変だったなーなんて懐かしく思える余裕がありますが(笑)
次に看護師として働く機会がある時には看護師って楽しいって毎日ではなくても思いながら働けるような環境で働きたいなーなんて思います。

 

nurs1220

 

 

私が看護師を辞めたいと思ったのは、患者様との関わりがあまりうまく行かなかったときです。
その頃、時を同じくして治験コーディネーターに興味を持ったので、そちらへ転職しましたが、治験コーディネーターについて知らなければ、今頃どうなっていただろうと思うと、ちょっとゾッとします。

よく後ろ向きの理由で看護師を辞める人がいますけど、気持ちは分かるんです。
けれど、できれば前向きな理由でやめて欲しいと思います。
例えば、過酷な労働が嫌で辞めたい人って多いですよね。
そんな時でも、私のように他の分野に目を向けて、好きなことを探して辞めるのと、そうでないのは同じ辞めるでもかなり差があると思います。

苦しい状況の中では、難しいかもしれませんが、看護師を辞めるのなら、できれば前向きな理由で辞めてほしいと思ってます。

 

 

 

看護師を辞めたいと思ったこと、何度もありますよ。
若い時は、患者様と揉めたこともありましたし、患者様の家族に八つ当たりされて、辛い時もありました。
ドクターと指示のことでやり合ったこともありましたし、師長に意見して泣くほど言い返されたこともあり、そのたびに看護師なんて辞めてやると思いました。
今だに看護師として働けているのが、とても不思議なくらいです。

今でも忘れられないのは、医師としてやっと仕事ができるようになった新人ドクターがいたのですが、この人が患者を実験台のようにしていたことがありました。
もう、今日にも命が消えそうな患者様がいたのですが、その人が少し咳をしていると申し送りで聞いた途端、気管支鏡の検査の指示を出したんです。
なんでこれ以上、この患者様を痛めつける必要があるのか質問しましたら「僕、気管支鏡検査、まだやったことないんだよね」という返事でした。

ふざけるな!って思ったので、けっこう長い時間言い争いました。
結局、師長が間に入ってくれて、翌日に延期したのですが、その夜に患者様は亡くなりました。
こういうとき、看護師の立場って弱いなと感じて、心底辞めたくなります。

けれど、職場を変えながら続いているということは、看護の仕事は好きなんだろうなと20年目にしてようやく感じているところです。

kanngosi1220

 

私はストレスと過労で病気になってから2回程辞めたいと思いました。
それまでは辞めたいなんて考えた事もなかったです。
まずはメニエール病と診断されて仕事にドクターストップがかかった時、続けるのはもう無理かな?と思いました。
めまいや耳鳴りや吐き気に襲われて仕事どころか日常生活もままならなくて実家に帰りましたが、ずっと辞表を出すか悩んでいました。
その後仕事のOKが出て日勤から復帰しましたが薬を飲みながらで、いつ発作が襲って来るか怖かったです。
それから準夜勤・夜勤と徐々に慣らしていったのですが夜勤明けはやはり睡眠不足で調子が悪く、辞めたいと思いました。
看護師の仕事は好きですし他の仕事は出来ないと思っているので続けていますが、その2回は真剣に退職を考えました。
今も夜勤をすると症状が軽く出たりしますが、薬を飲みながら病気とも何とか付き合って行けるようになりました。

 

 

私は小児科病棟で勤務しています。ただ子供が好きだからという単純な理由で小児科への配属を希望しました。でもそれが間違いでした、というか自分には絶対向いていない職場でした。
元気いっぱいで退院していく子供達の笑顔を見ると、本当に幸せな気持ちになります。
でもそれと反対に、完治することのない病気や進行性の疾患と戦っている子、辛い治療を余儀なくされる子、産まれながらに過酷な運命が待っている子供の看護は本当に精神的にまいります。
そして、その子の親や兄弟の気持ちを考えただけで、胸が苦しくてたまりません。私も2人の子供がおり、子供が親にとってどれほどの存在かは痛いほど理解しています。自分が変わってあげたいと泣くしかない母親や、どうしてうちの子なのか、答えの出ない問いかけを繰り返す家族の姿を見るのは、辛くてたまりません。その場から逃げ出したい程苦しいです。上司には、自分が潰れてしまうほど深入りし過ぎないこと、看護師として常に冷静でいなければならないと言われましたが、そう簡単に割り切れません。やり場のない悲しみを抱えながら、辞めるべきか、毎日自問自答しながら仕事しています。もちろん、高齢者の命も小児の命も重さに変わりはないとは思います。ただ、自分に子供がいるが故にどうしても感情移入しすぎてしまうんだと思います。患児や家族と一緒に涙してしまう事もあり、自分は本当に弱いな、向いていないなと思います。

 

看護師を夢見て頑張ってきたこともあって、看護師として働き始めた時は夢と希望がいっぱいでした。
でも、外から見て憧れていた世界の中に、一歩足を踏み入れてみると現実はかなり厳しいものでした。
患者の生死がいつもそばにあって、自分に耐えられるのだろうかと思った時には、いったん看護師を辞めて、もう一度自分の気持ちをちゃんと見つめなおしたいって考えました。
新人の時にはいじめにも遭いましたし、ドクターには怒鳴られっぱなしだったこともありますが、そんなことでは辞めたいとは思わなかったんです。
それより、職務の責任の重さに耐えきれるかどうかの方が気になってました。
それから、体調を崩したことがあったんですが、その時は看護師を続けるのは無理かもしれないと思いました。
子供がまだ小さいとき、仕事と育児で腰を酷使していたんだと思いますが、腰痛が出てしまって、脚がしびれるようになってしまったんです。
感覚がないその感じが、とても気持ち悪かったですし、この先どうなるのかと考えると不安で仕方なかったです。
今は、ちゃんと気をつけて腰を労りながら仕事をしているので大丈夫なんですけど、体が思うように動かせないということは、精神的にもまいっちゃいます。
体調管理も仕事のうちってよく言いますが、本当にそうだと思います。

 

 

 - 未分類

  関連記事

泣く・イラスト集

喜怒哀楽、文章で表現するより イラストを使ったほうが簡単だ。 漫画の効果は絶大で …

うつ病・悩み・資格・勉強・ダイエットの情報商材

うつ病、心療内科など精神的病は多くなるね。 ストレス、複雑な人間関係、派遣社員増 …

ゼロ戦写真集

やはり大空の侍だ。 昔はよく読んだ、坂井三郎。 ドッグファイトならこの人の右に出 …

no image
写真集

自分だけの写真集も気楽に作れるね。 ヤフーを検索すればいくらでも写真が出てくるの …

総選挙が終わる、渡辺落選の個人的見解

大物が政界から去る。 海江田、渡辺あたりが個人的には関心がある。 やはり五億の借 …

寝たきり老人の市民税・所得税の軽減

障害者手帳をもらうといろんな特典があるのは知っていたが、老人で寝たきりで 特に手 …

3・11東北大震災

今日で丸4年が経過した。 早いな、東日本大震災。完全に東電の原発は余計だった。 …

サムネイル画像表示されない

何故か時々不具合が起きる。 ふしぎだな、やっぱり表示されたほうが親切だし見やすい …

no image
アダルト動画サイト 無料 おすすめ

無料のアダルトサイトを知らないで有料サイトに登録している人が多いみたいだ。 確か …

お気に入りイラスト集・怒り編

ネット上にはたくさんの写真・イラストが転がっている。 結構サイト作成の時利用して …

クレジットカードでネットショッピング